ビットコインの保管はどうする? - ビットコインの保管って知ってる?

ビットコインの保管はどうする?

▼ 目次

初心者の方でもわかりやすいビットコインの保管について

「ビットコインの保管って知ってる?」と聞かれて的確にこたえられる方はあまり多くないかもしれません。
仮想通貨が爆発的に広まった2017年、それからも続々と環境やサービスが進化しており、日々新しい通貨なども提供されています。
まだまだ理解が深まっていないビットコインや仮想通貨に関して、これから購入を考えている方であればある程度知識と自己防衛策を身につけなくてはいけません。
しっかりと抑えておきたいことのひとつである、ビットコインの保管方法。
初心者の方でもわかりやすいビットコインの保管をどうすべきなのかをチェックしてみましょう。

まずビットコインとは今大流行している仮想通貨のひとつであり、代名詞的な扱いを受けることも多いです。
価格の高騰や下落など経済ニュース同様に扱われることも多く、新しいお金の形であると称する専門家もいます。
日本をはじめとして世界ではビットコインを通貨として認めるか認めないかの議論は進んでおりますが、いまだに検討されてる段階です。
日本においては2017年に決済システムとして認める法律ができ、加速度的にサービス供給も行われるようになりました。
今後もビットコインに関連したサービスは続々とできるでしょう。
私たちの生活においては、電子マネーのように、いかなる場所でも決済できるシステムとして普及することが予想されています。

ビットコインを購入するには取引所または販売所を介して取引を行う必要があります。
ビットコインATMという現金を入れればビットコインを購入することができるシステムも導入を開始されていますが、まだまだ数が少ないのが現状です。
一般的にはインターネット上の取引所や販売所を利用して購入を行います。
販売所では会社から購入、または売却を行いますが、取引所の場合はユーザー間で取引を行います。
購入したビットコインに関しては、そのままの状態ですと販売所または取引所に置かれたままになってしまいます。
もしどこかに集めたい、ひとまとめで管理したいという場合には送金や入金することで管理を行うことができます。

ビットコインウォレットを使用するのが一般的な方法

ビットコインの保管や管理を行うにあたってビットコインウォレットを使用するのが一般的な方法です。
ビットコインウォレットとは、財布の名前の通り、ビットコインを管理したり送金したり入金でまとめることができるものです。
ウォレットに預け入れることでセキュリティを高めることができ盗まれたり、取引所の破たんなどの1次被害から守ることができます。
ビットコインウォレットにはいくつか種類があり、インターネットやスマートフォンのアプリなどに格納するウェブ管理とパソコンやUSBなどのローカル環境に格納するローカル管理の主に2つからとなっています。
紙に保存するものなども電気機器から離して管理することができるものなどもあり、今後も種類が増える見通しです。

ビットコインウォレットを扱うにあたって知っておきたいことがアドレスです。
アドレスとは、ビットコインにおいて口座番号のような役割を果たします。
一般的なログインIDのようなものと考えても良いのでしょう。
このアドレスごとに格納され、預けるたびに新規作成されるものです。

このアドレスと対になっているのがプライベートキーです。
プライベートキーとはパスワードの役割と一緒であり、ビットコインを確認したり送金したりする際に必要となります。
多少勝手が異なる点としてプライベートキーからアドレスを算出できてしまうということです。
つまりプライベートキーがわかってしまった時点でアドレスも判明するため、送金指定などが行われると盗まれてしまうという可能性があります。
そのため大事に保護しておく必要があるでしょう。

最近のビットコインウォレットに導入されているのが復元用パスフレーズです。
このパスフレーズとはいわばマスターキーのような役割を持ちます。
アドレスとプライベートキーに合わせてセットしたパスフレーズ同士が紐づけられることによって、いざという時にそのすべての情報を開けることができるのです。
例えばアドレスやプライベートキーを失ってしまっても、パスフレーズさえわかればビットコインをウォレットから取り出すことができます。
逆に個人のパスフレーズが盗まれてしまうと、それに紐づいているすべてのアドレスとプライベートキーが判明してしまうため簡単に盗み出すことが可能です。
利便性が高い分、扱いには十分に気を付けるべきでしょう。

ビットコイン口座を安全に保管するのに参考になるサイト

すぐに決済をしないものや投資対象として扱う場合にはウォレットに格納するのが良いでしょう。

ビットコインの保管に関しては、ウォレットなどのサービスを利用することが必須です。
頻繁に取引を行うのであれば取引所に置いておくことも良いですが、すぐに決済をしないものや投資対象として扱う場合にはウォレットに格納するのが良いでしょう。
ビットコインは通常の法定通貨と比べてもまだまだ整備されていない部分が多く、自己責任で扱う必要があります。
ご自身でビットコインについてよく調べること、ウォレットなどのセキュリティ強度を高めることなどはぜひ行ってみましょう。